トップ

お風呂で若ハゲ改善

お風呂に入って若ハゲ対策しよう

血の巡りをよくして育毛

最近薄毛が気になってきたが、まだ本格的に育毛をするほどでもないかなと考えている人もいるのでないでしょうか。
今回はそんな方に、お金をかけないで簡単にできる、お風呂での若ハゲ対策を説明します。

・お風呂で若ハゲ対策ができる対策方法とは
お風呂で若ハゲ対策をする意味というのは、頭皮の皮脂汚れを熱で浮かしてさらに血行を促進していくというものです。

というのも、皮脂は脂でできており、脂というのは熱に当たると解けてしまいます。また、逆に熱せられないと固まってしまう性質があります。

ですからお風呂に入って体を温めることで頭皮の体温も上がり固まっていた皮脂が融解し皮脂汚れが落としやすくなるということです。

また、皮脂にはいろいろな汚れや雑菌が付着しやすく、抜け毛の原因となりますので、お風呂でしっかりとその汚れを落とすことが大切です。

そのときに体が温められることで体の新陳代謝も促進され血行がよくなります。頭皮は、体の末端にあるため血行が悪くなってしまうと、頭皮への血液の循環が悪くなり、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

そういったことから頭皮への血行もよくするという利点がお風呂にはあるのです。・若ハゲ対策ができる入浴方法
もっとも効果的な入浴方法として、お風呂に入る前に一度かけ湯をします。かけ湯によって頭皮に水分が含まれます。その次に20分程度40度から42度のお風呂につかります。

のぼせない程度で十分にお風呂につかることで、頭皮の体温も上昇し皮脂が融解し始めます。また体温が上がるため血行もよくなっています。

それから、再度かけ湯で頭部をしっかり洗い流しシャンプーをすることで頭皮の汚れがきれいに落ち、さらに血行も促進され結果、頭皮環境が改善されて育毛が促されるということになります。